Smart Sustainable

Solutions Co.,Ltd.

移動式製材機

森林のインフラ整備と地域木材産業の発展に合わせてフレキシブルに!

日本の森林は、その多様性と蓄積、生長量において、大変大きなポテンシャルをもっています。日本の森林は、木という価値の高い原料を、木材加工業者や木材産業に、継続的に供給し、地域の木材クラスターを構築させ、地域経済を活性化させ、木を使用するエンドユーザーに喜びと快適さを提供することもできます。

しかし現在のところ、質の高い森林基幹道の整備が不十分などの理由で、この大きなポテンシャルは、ほんの僅かしか活用されていません。このポテンシャルを生かすためには、森林に質の高い路網が整備され、森林の近くに分散型の地域木材クラスターが構築されていかなければなりません。何故分散型の木材クラスターかといいますと、それは重くてかさばり輸送コストが高い原木の輸送距離をできるだけ短くするためです。

一方、路網の整備と木材クラスターの構築は、ある程度時間がかかるプロセスです。その際、製材工場は、森林と木材産業を繋ぐ接続点、窓口として重要な役割を果たします。問題は、これから森林に徐々に道が整備されて行くという状況においては、それに合わせて森からの木材供給も徐々に増えていくので、製材工場が一気に新設や拡張の大きな投資ができない、ということです。

この移行期の問題解決の方法として、私たちは、簡単に輸送できる移動式の製材機を提案します。木が切られ集められた土場に出向き製材することもできます。小さな需要に細かく経済的に対応することができます。投資のリスクも、この移動式製材機の場合、高くはありません。森林から出て来る木材供給量の増加に合わせて、モジュール式に製材機を増やしていくこともできます。屋根をつけて固定式で使用することも可能です。ドイツでは、工務店や建具店が所有して使用しているケースもあります。

当社のパートナーであるドイツのSerra社の移動式製材機は、固定式としても普通の製材工場で使われているもので、フル稼働すれば、1台あたり年間3000立米の製材が可能で、小径木から大径木、針葉樹も広葉樹も対応でき、製材面もきれいで、4mmの化粧板も切れる優れものです。

www.serra.de

 

担当:池田憲昭 +49-7681-4978252
noriaki.ikeda(at)smart-sustainable-solutions.jp

 

 

販売&仲介

持続可能な仕事におけるハードがもたらす成果は、ソフトの品質によって決まる。

私たちにとっては、人がもっとも大切です。

自然のなかで自然とともに持続可能な仕事をする際、その成功のためには、質がよく、状況にマッチした防護服、道具、マシンは、欠かす事ができないものです。当社では、日本の方々が、安全に、快適に、効率的に、肉体的負担を軽減し、自然をいたわりながら仕事ができるように、ヨーロッパから、質の高い商品•製品を選び、提供しています。販売•仲介する商品•製品の「説明」「助言」「研修」を、当社の重要な義務と位置づけております。というのは、持続可能な仕事において、ハード(防護服、道具、マシン)がもたらす成果は、ソフト(使う人のアイデアと技能)によって決まるからです。

当社が販売•仲介する商品は、基本的にソフトに関する「助言」や「研修」とセットです。使う人と場所にマッチした商品を、お客さんと一緒に考えて選びます。

お客さんからの要望や意見、感想なども、私たちにとってはとても重要です。例えば、日本の特殊な状況に合わせた改善策のアイデアなど。これらは、当社のパートナー(製造メーカー)に伝え、話し合い、改善とレベルアップに随時努めていきます。