Smart Sustainable

Solutions Co.,Ltd.

森林基幹道

森林から木材を継続的に利用し、同時に森林を構造豊かに樹種構成豊かに形成していくためには、どのような天気のときでも持続的に利用できる質の高い森林基幹道が面的にシステマティックに整備されている必要があります。また森林基幹道の性能と持久性を確保するためには、質の高い水のマネージメントが必要になります。道づくりにおいては、水をアクティブに誘導し制御し、水が路体のなかに染み込まないようにします。そして、森林の自然の水の状況を全体的に大きく変えないようにすることも重要です。

このような森林基幹道は、森林林業に高い生産性を与え、また人命救助の機能も持ちます。救急車が走れる、救助隊が迅速に現場まで駆けつけることができる、ということです。森林作業は、事故率、死亡率が高い、もっとも危険な仕事の一つです。雨が降っても、普通の自動車で走ることができる森林基幹道を整備することは、人間の尊厳の問題であり、社会的な義務と言っても過言ではありません。

いい森林基幹道が整備されていれば、森は、一般の市民が簡単にに入っていける場所になります。快適に散歩したり、気軽に安全に自然を体験したり、自転車に乗ったり、乗馬をしたり、冬場はクロスカントリースキーをしたり。多機能な森林基幹道です。

質の高い面的に整備された森林基幹道は、中央ヨーロッパの生産性の高い森林業を支え、国民の健康増進と保養に大きく貢献しています。

日本にもいくつか素晴らしい事例があります。岐阜の高山北海道の鶴居村の森林基幹道が先進的な事例です。

森林基幹道つくりの現地視察、基礎講習会、プランニングから施工までのワークショッップ、路網コンセプトのコンサルティング等、提供いたします。

担当:池田憲昭 +49-7681-4978252
noriaki.ikeda(at)smart-sustainable-solutions.jp

コンサルティング&セミナー

森林業、木材産業、森林保養とツーリズム、森林教育、エネルギー、省エネ木造建築、グリーン•インフラストラクチャー、農業、コミュニケーションなどの分野で、視察セミナー、セミナー&ワークショップ、コンサルティングを提供します。

当社のことに興味をもたれたら、まず視察セミナーに参加されることをお薦めします。当社で選別した具体的な視察現場にて、私たちの考えや方針、ヴィジョンを、体験し理解してもらうことができます。旅は人を育て、人を繋ぎます。私たちはこれまでに、視察セミナーによって、いくつかのお客さんと、信頼関係に満ちたパートナーシップを築く事ができました。当社では、個々のお客さんの需要に合わせ、オーダーメイドの視察セミナーを考案し提供することもできます。場所は日本と中央ヨーロッパ(ドイツ、スイス、オーストリア)です。

セミナー&ワークショップに関しては、お客さんの需要と与えられた時間により、個々のテーマの基本的な原則や考え方を紹介したり、または、個々のテーマを深く掘り下げていくこともできます。

コンサルティング分野に関しては、常に持続可能な解決策を提供することを念頭に、個々の現場の状況と枠組み条件に合わせた助言•提案をしていきます。基本的に、当社のコンサルティングは、次の順番で実施します。1)現状分析 2)お客さんと一緒に目標の定義 3)基本コンセプトの作成 4)具体的な実践プランの作成 5)実践におけるサポート 6)評価と改善策の提案